読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新スクの淵から

笹松しいたけの思想・哲学・技術・散文。

わすれもの

 皆様は電車やバス、レストランなどに忘れ物をしたことがありますでしょうか。私はあります。大学時代に秋葉原から総武線で帰ってきて、駅前の松屋で夕食を食べ、高架下の駐輪場へ向かったところで忘れ物に気づきました。松屋のカウンターの荷物置き場に、さきほど秋葉原エムズで買ったばかりのオナホールラブボディを置き忘れたのを。しもうたやってしもうたと0.02秒で先ほどの松屋に急行です。幸いにして奥の方の席だったのでまだ茶色い紙袋包みはそのまま残っておりました。何食わぬ顔でアラマーやだやだわすれものしちゃってたすみませんねもうという感じで退店。いやはや良かった良かった。あのまま忘れてて店員さんに回収されて中身改められてたらもうおれあの松屋行けない。てか今後の人生であの松屋に行くことはあるのか。そもそも。

 

 前職では3分にごとにだいたい3,000人の相手をしていたわけですが、そこでは忘れ物の取り扱いをしておりました。従って、うっかり自分が忘れ物をすると「中身を改められて、現金の有無を確認し(現金があると警察へ引き渡すまでの取り扱いが異なるため)、連絡先がわかるものが入っていれば連絡が来る」という、エロいものを遺失するととんだ羞恥プレイをされることが分かっていたため、気が気じゃありませんでした。この世に生を受けて四半世紀、家から持って出たものはたいてい忘れずに持って帰ってくるのですが、出先で荷物を増やすとどうにも気が抜けるようです。気をつけたい。買い物したら電車では買ったものをヒザの上、かばんは網棚の上、これが基本です。

 

 ところで、前職では3分ごとに3,000人の相手をして時給が1,100円でした。120分でたったひとりの相手をする泡姫は一時間あたりいくら稼ぐんでいと0.001秒考えるだけ無駄です。男の時給は安いのです。それに、3,000人の相手をするったって、賞味の接客をしている時間はたかだか3分のうち1分にも満たないですから、比較するのも筋が違うような気がします。別に自分一人で3,000人を一手に引き受けているわけじゃないですからね。

 

 ちなみにですね、仮にこんどのサマージャンボがでっかく当たったとして、毎日5万円のソープランドに通ったとしても年間で1,825万円しか使えないんですよ!!!!!凄いと思いません?????死ぬほど贅沢してやろうと思っても実は大した贅沢じゃないような気がしてくるプライス、それがジャンボ宝くじなのです。目指せ一攫千金。脱低賃金労働。

 

 おちんちんびろーん。