読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新スクの淵から

笹松しいたけの思想・哲学・技術・散文。

ろうしきょうてい

 過労死の認定って詳しいことはともかくさておき、前職の労使協定における時間外上限は月に100時間でした。辞めるちょい前に「80時間超えると労基が様子を見に来るらしい」という理由で事実上これが80時間と相成りましたが、もともとが100時間ですので、それまで人間は所定の勤務時間に増すこと100時間使えるものとして仕事量を設定していると80時間を超える人が出ます。すると少々であれば交代で平日に代休を無理に取らせて8時間ずつ捻出してみたりだとか、タイムカードを切ってからもなぜか現場へ戻っていったりだとか、そういう光景を度々目にすることとなります。幸いにして私が居た部署は少人数で、上司にスタンスを明らかにすれば、理不尽な仕事量が降ってくることもなかったのですが、激務の部署に転属になりゃしないかとヒヤヒヤしながら過ごしておりました。

 

 どうであれタイムカードにより計算された時間外手当が出るということは36協定による労使間の合意が取れているということになります。労使間の合意がないと1秒たりとも時間外労働をすることは"違法"でありますから、時間外の上限が100時間と決まっているということは労使間の合意があることになります。

 

 では、その合意というのはどういうふうに取られているのでしょうか。お昼休みに労働者側の代表が食堂で何かを言い始めます。

「去年度の時間外の上限は100時間でした」

 なるほどなるほど

「事業所の社員の平均は75時間でした」

 けっこうみんな頑張るねえ

「なので80に減らしても良いのですが」

 そうですね、そうすれば仕事が偏って負担がかかっている人が減りますね

「80時間を超えたときに残業代が出なくなっても困るので100時間のままで行きたいと思います。反対意見がなければ……では100時間で行きます」

 えっ

 Why Japanese people.

 いまなんと仰った。

 労使協定以上の残業は"存在してはいけない"のであってけして"残業代が出なくなる"とか"労使協定のぶんを超えたらサービス残業になる"というのではないのであるが。今の労働者側の代表氏の説明を死んだ目しながら弁当食べつつ聞き流す行為が"労使間の合意"だったのか。ひでえものだ。そしてコストコストとふだんからうるさいせいで"なぜ残業を多くつけるのか"と叱責するセンパイが現れ、"残業いくらでもつけて良いから稼ぎたきゃ言ってね仕事振るから"と言ってくれる管理職が現れる。もはやどっち側が使用者でどっちが労働者なのか分からねえ。大変混沌とした現状だ。

 

 現代の若者が求めているものは3つである。

おかね

おっぱい

おやすみ

 この3点を抑えれば人材確保は容易である。というか昔のほうがこの3点は抑えられていたのではないかと思う。おかねは言わずもがな、給料は毎年伸び行きボーナスが年間3回出てみたりした。おっぱいも上司が風俗連れてくとか嫁はん連れてくるとかしてなんとかした。お休みも土曜が半ドンだか知らないが日曜はお休みであった。

 

 とは言えノスタルジックにひたひたちゃぷちゃぷと浸るほど歳を食っちゃいないし激動だか何だか分からない時代を生きていかねばならないから現状で一番死ななそうな道を選んで歩まねばならない。おかねも少ない、おっぱいから遠い田舎の山の中、おやすみも部署によっては危ぶまれる、となると職場としての引力は乏しいわけであるからなるほど優秀な人材が残らないのかという考えに至れてもあまり不思議ではない。入社して最初の土日に飛田新地を共に歩き、「俺は行くぞ!」と料亭に吸い込まれた決断力に優れた同期はとうに退職した。なるほどいま求められるのは「ダラダラと旧来型の暮らしを続けダラダラと仕事をしダラダラと長く変化を求めない生き方」ではなく「やめる力」なのではないか。「去年もやったから」「毎年やってるから」「昨日もやったから」とダラダラ続けるのはよくないのだ。今日出勤したから明日も出勤するような、数学的帰納法みたいな生き方をするから円環の理から抜け出せないのだ。

 

 ……と、ここまで深く考えたかどうかはさておき、100時間も時間外労働をしたら人間死んでみよっかなとか考えるようになるのだから辞めたほうがよろしい。9時半に会社を出て翌朝6時起きとか人間のすることではない。17時に会社を飛び出して17時半に家につき、夕食を食べて中出しセックスして風呂から上がれば21時で良い感じにクールダウンして副交感神経が元気になってきたらスヤスヤと8時間寝て朝6時、というのが健康的な労働生活と言うものではないか。ここから中出しセックスを差し引いた8時間睡眠をしていた頃が一番クリエイティブな仕事をしていた記憶がある。

 

 

 

 労働は悪い文化、中出しセックスは良い文化。