読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新スクの淵から

笹松しいたけの思想・哲学・技術・散文。

「後に引けない状態を作る」?

 まずこれを読んだ。とはいえ中身は深刻ではなかったのでタイトルだけでさておいて(大変失礼極まりない)。

pakila.hatenablog.com

 

 後に引けない状態、というのは自ら作り出せるのだろうか。私はそうは思わない。単に、私が選択肢を広く持つことを好むから、かもしれないが。後に引けない状態、つまり、一本道を前に進むしか無い状態というのは、選択肢を喪失している大変不利な状況である、というのが私の意見だ。常に選択肢は増やしたほうが良い。

 

 例えて言えば「青春18きっぷ」のバラ売り。読者諸賢ならご存知のように、青春18きっぷというのは1枚のきっぷに5つハンコを捺す部分がある。つまり、1枚の紙がきっぷ5枚と同じ効力を有する。

f:id:sasamatsu:20170203035411j:plain

 

 各回(人)とも当日限り有効、とある。したがってこの5回というのは、「1人で5日間」でもいいし、「5人で1日間」でも良い。もっと細かく、「最初は1人、次は2人、最後の2回も2人」でも良い。ところが、だ。一人で青春18きっぷを買い、方向性が同じ旅友人を捕まえ、消費したところで、5回分が使い切れないことがある。逆に、1回分だけ、2回分だけ欲しいこともあるだろう。そういうときに、知り合いで都合が付けば適当な価格で譲ってらったり、ダメなら金券ショップに売却する/金券ショップで購入する、ということがある。以前はいまほどSNSが発達しておらず、田舎に暮らしていると、金券ショップすらなかったりして、このような青春18きっぷの"切れ端"を融通したりするのは困難であった。

 

 ゆえに当時は青春18きっぷ交換掲示板という文化があり、毎シーズン盛況であった。昨今はご覧の通りSNSが全盛となり、「身内」でなんとか融通が効くケースが増えたためか、トラブル防止の為、掲示板が開設されるwebサイトも少なくなったようだが、10年ほど前はよく利用した。

 

 前座が長くなったが、「青春18きっぷ」の切れ端を融通することのどこが「選択肢を増やす」ことなのか。答えは簡単で、「たとえ1回や2回欲しくとも、先に自分で5回分を買って、掲示板で捌くほうが有利」ということだ。

 

 どういうことだか分からない人も多そうなので解説しよう。前述の「青春18きっぷ交換掲示板」では、価格について「暴利でないこと」とあったが、けして定価でしか取引できないわけではない。では、どのような人からなら青春18きっぷの端数を買いたいだろうか。値段、送付方法(定形郵便、簡易書留、特定記録メール便……)、送金方法(切手OK、銀行振込、大手銀行、地方銀行、ゆうちょ銀行……)等いろいろあるだろうけれど、同じ条件なら安いほうがいいわけだ。

 

 そこで、とっとと1回使って残りが4回となった青春18きっぷは「値下げ」して掲示板に掲載するのだ。1枚は11,850円だから、1回分は11,850 円/5 回=2,370 円/回となる。従って4回分だと9,480円だから、これに送料を追加して代金とするのが一般的だ。で、だいたいの場合は「普通郵便なら無料、書留なら追加で○円」などとしている人が多かったが、そこへ「9,500円送料込み、簡易書留で送ります」とディスカウントする。もう1回分で9,000円分ほど乗車しているから少々損をしてでも元は取れるのだ。

 

 やはり4回分と言えど、「安売り」すると早々に買い手が付くのであった。こちらとしては先行して「在庫を抱え」るリスクを背負っているわけで、いち早く、身内でない市場で現金化しようと思えば有効な手段である。待てど暮らせど「1回分お売りします」という投稿が出ない可能性すらあるのだから、とっとと1回使って売ったほうが、たとえ4回分が売れなくとも、投稿を取り下げてもう1回使い、「3回分お売りします」として再度投稿することもできるし、値下げすることもできるわけだから、リスクを背負ってでも選択肢が増えたほうが気が楽だ。

 

 

 どうせ生ハメしてるんだったら膣外射精っていう選択肢はないですよね、という観点から生まれたのが「だいしゅきホールド」というやつである。私の膣内に熱い精液をどくどく注いでいろいろと選択肢を失いなさい、という意味合いがあるわけだから恐ろしい。エロゲだったら最後の最後で「膣内に出す」「膣外に出す」と選択肢が現れるかもしれないが、現実はだいしゅきホールドされるまでもなく生ハメした時点で妊娠してもおかしくないわけだからおっかねえ。選択肢を増やすという観点からオススメなのがコンドームの携帯です。目の前の女を抱くのも抱かないのも選べるし、妊娠する可能性を孕むか孕まないかも選べるし、いい事ずくめではありませんか。現実問題、コンドームを携帯しないことで年間○万人が生ハメで選択肢を失っています。「失って初めて分かる、ありがたさ 親と健康と選択肢」大阪女体指令の標語です。

 

 明日の授業に出席するのも、サボるのも、体育倉庫で生セックスするのも選択肢のひとつとして選べるようなやつはちんこもげろ。

 

 それでもやっぱり中出ししたい。