読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新スクの淵から

笹松しいたけの思想・哲学・技術・散文。

もしもドリフターズがレッドツェッペリンだったら

日記

 意味がわからない、というのが率直な感想である。本日もお題箱から。ドリフターズレッド・ツェッペリンも詳しくないから、もしもって言うならケーズデンキのCMがもっとロックで派手なやつに変わってただろうという陳腐な言葉を持ってお返事にかえさせていただこうと思う。最初にジミー・ペイジって文字列観て「ジミヘンのことか、ギター燃やすんかな」とか思った程度に分かっていないので、分からないことを書いてボロが出るくらいなら尻尾を巻いて柴犬ごっこをするのが一番である。

 

 さて、これが大学の単位を頂戴する答案であったら不可である。不可まっしぐら。毛並みの良い猫かレトリバーあたりをフカフカしてえ。不可不可。そう、なんとしても紙幅を埋めるのだ。材料力学の講義を持っていた先生が謎いので試験も謎が多く、「なんでも持ち込み可」ということでスマホやタブを駆使するも問題の設定が怪しく、万策尽きる前に答案を埋めようそうだあの先生は原発が嫌いだ、先輩が原発を褒めたら"秀"確定だった筈なのに"優"にされたと聞いたぞ、ならば余白は自然エネルギーを褒めて単位を貰おう未来はすぐそこにある、それそれ太陽電池の有効活用策として直流電源を直接吸い込むエアコンの設計青写真をちょいちょいと……というのは例外中の例外として、よく聞かれるのが「カレーの作り方」が書かれた答案である。従ってカレーの作り方で余白を埋めることになった。

 

 まずカレーを作ろうとした場合に大きな分かれ道が最初にある。「自分で(主に)自分のために作る」のか「自分のために作ってもらう」のかの2択だ。前者だと他者の論文と差別化ができないため本日は後者にする。ではまず用意するのは自分のためにわざわざカレーを作ってくれる存在の確保である。恩か、情けか、あるいは当番制か、動機は不明だがあとで県警に任せることにして、どういうわけだか自分のためにカレーをこしらえてくれることになる必要がある。別に料理が上手な同性の友人に作ってもらってナツメグやらガラムマサラやらの入った本格カレーを食べるのも良いが、ここはやはり恋人と愛を育みながらというのがいいだろう。甘ったるい空気の中でコトコト煮込まれたカレーは甘口か否か。はたから見ていたら砂糖の味しか感じられない上に、仔細を描写するとたとえ架空の我が論文中でカレーを煮込むだけの2人の様子を書く私が気恥ずかしくなってくるのだ。まあよい。「仔細」という表記は大辞泉バツ印がついていて誤字かと思ったが単に常用漢字外という印であってどうしても常用漢字で書かねばならないときは「子細」と書くようであるが閑話休題

 

 肉じゃがの際にも述べたとおり煮込み料理で一番大変なのは野菜の皮をむく行為であるから従ってじゃがいもとニンジンの皮を剥いたらもう峠は超えたのであとは適当に、適切なサイズに切って申し訳程度に軽く炒めて暫く煮込むだけである。すると煮込んでいる間に調理器具をあらかた片付けてしまうと手持ち無沙汰ではあるがさりとて火元を離れるわけにはいかないという時間が産まれるからガスコンロを前にして「さあ、どうぞ」と言われるが早いか、彼女を抱きしめて髪の匂いをすうはあと、肺の奥までご利用堪能し、じゃがいもが崩れて存在を失われない程度にコトコトと煮込むわけである。エロマンガだとこのあたりで一発パコっとキッチンでファックするのもあるだろうけれど、良識があれば恐らく抱きしめてハアハアするぐらいで落ち着くはずである。何故ならば腹が減っているからカレーを作ってもらっているのであって腹が減っては戦はできぬからだ。

 

 あらかた火が通ったところでルウを入れ、弱火でしばらくかき混ぜれば日本のカレーとしては完成である。コメを炊き忘れていなければ100点だろう。あとはニコニコしながら美味しいと言うだけでまた傍観者というか作者が砂糖吐いて救急搬送されそうな光景が広がる。「あーん」とかしたりね。福神漬けを買い忘れたからと近所のコンビニまで行くのはルーを入れたぐらいのタイミングが適切だから髪の匂いでおっきくなったちんちん仕舞って早く買いに行け。ついでにゴムも買っておけ。どうせ洗い物を片付けたら食後の運動だろう。カレー作りながら抱きしめるような段階で妊娠したら困るだろうという創造主たる神の視点からの親心である。というか自分が創造主だったらゴム要らなくね?不思議な力で妊娠する描写を入れなければこいつらは不妊である。ガハハ。勝ったな。ていうか世のラブコメ書き描きマンは自分で砂糖吐きながら原稿をやっているのではなかろうか。

 

 というわけでおいしいカレーの作り方と口から砂糖を吐いて生活する方法についての論文を書きましたので単位をください。ぼくもこういう生活を送りたい。

 

 新製品が安いケーズデンキでラブラブ新生活家電揃えたい。