新スクの淵から

笹松しいたけの思想・哲学・技術・散文。

(期日前ではなく)不在者投票をする話

 かねてよりお知らせしている通り、4月下旬に石川県白山市を転出し、東京都某所へ転入しました。7月の参議院選挙は選挙権がありませんウソですあります。選挙権はありますが、行使するのが面倒な状態です。

 

・結論から先に言え

 転居タイミングが微妙で旧居住自治体の投票人名簿に自分の名前が記載されているとき、あるいは住民票を移していない・長期出張中などの場合……

1:投票人名簿に記載されている自治体の「不在者投票宣誓書兼請求書」を請求/ダウンロードして印刷し、記入して投票人名簿に記載されている自治体の選挙管理委員会事務局に郵送(1)

2:公示後、書留郵便(2)で投票用紙の入った封筒が送られてくるので開封せず新居住地・滞在地自治体の選挙管理委員会事務局に持参し、事務局員立ち会いのもと投票用紙入りの封筒を開封・記入・二重封筒への投入を済ませ、選挙管理委員会事務局員に手渡す。新居住地・滞在地の選挙管理委員会事務局から投票人名簿に記載されている自治体の選挙管理委員会事務局へ書留郵便で郵送される(3)

3:到着した投票用紙が投票箱に投函される

4:(投)開票日に開票される

 

 以上ですが、上記(1)~(3)の通り、郵便が3回、いったり来たりします。書留を受け取りそこねて再配達になったり、あるいは投票に行ける日が限られていることでしょう。お早めに(今回の参院選の場合は可及的速やかに)お手続きください。

 

・以下私のケース

1:参議院通常選挙は日程が大きくズレないので6月中に石川県白山市の「不在者投票宣誓書兼請求書」を印刷して記入し、三つ折りにして封筒に入れておいた。

www.city.hakusan.ishikawa.jp

 静岡旅行に行く途中どこかで切手を貼って郵送しようと思っていたらそのまま台北に連れて行かれたのでこの書類は一緒に台湾を旅行し、帰国後に郵送した。

 

2:書留で投票用紙が届く。6月中に郵送しておいても選挙の名前と回数(第25回参議院議員通常選挙)が間違えていなければ公示即手続きしてもらえることがわかった(海外滞在中とか長期で自衛隊とか船舶とかの仕事してると大変だものね……)。

 

 役所内に設置されている選挙管理委員会事務局に封筒を開封せずに持参する。立ち会いのもとで開封してもらったが、一番外側の封筒を開封すると私に向けた案内と、もう一度封緘された投票用紙のセット(?)が出てきた。後者に「開封しないで選挙管理委員会事務局に持参してください」と表記があり、どうも一番外側の封筒は開封しても大丈夫なようだ。

f:id:sasamatsu:20190710123738p:plain

郵送されてきた封筒。他の自治体だとレターパックの場合もあるようで。

 内容物は……

1)不在者投票用紙等の送付について

2)不在者投票注意書

3)投票用紙2枚(選挙区・比例代表

4)外封筒2枚(選挙区・比例代表

5)内封筒2枚(選挙区・比例代表

6)選挙候補者一覧2枚(選挙区・比例代表

7)不在者投票証明書(開封禁止)

 立ち会いのもとで開封してもらったため、3~6はすべて封緘された一つの封筒に入っていたように見えた(見間違いかも:6だけだったかもしれない……)。

f:id:sasamatsu:20190710031942p:plain

1.2.6については手渡されたのでそのまま持ち帰った

 

 アルミのパーテーション内で投票用紙に記入し、投票用紙を内封筒に入れて封をし、それをさらに外封筒に入れて封をするように指示されるので従う(マトリョーシカか、あるいは現金書留か何かか)。この際、当たり前であるがブース内に貼られている選挙候補者一覧を見て書かないでくださいねと案内していただいた。(正統とはいえ)変な手続きだから緊張してやらかしそう。

 

 作ったマトリョーシ……ではなく、投票用紙をそれぞれ内封筒・外封筒に納めたもの(選挙区と比例代表でそれぞれ1セット、トータル2つ)を投票所係員に渡し、終了。

 

3:~4:白山市選挙管理委員会事務局御中、あとはよろしく頼んだ。

 

・変な視点から

 自己負担は最初に不在者投票宣誓書兼請求書を郵送するのにかかる82円(と最寄り選管まで行く交通費)ぐらいで選挙管理委員会事務局から書留送ってもらって自分の投票用紙が往復するので大変お得な制度だと思います使える人はじゃんじゃん使いましょう(ケチ)。

 あとは副次的効果として、不在者投票ならば投票できるというケースを特定の候補の支持層に刷り込んでいけば、こういうめんどくさい事務手続きめいたことが三度の飯より好きなめんどくさい人間が支持者でありあなたに投票したぞみたいなことをアッピルすることができるかもしれない(それはどうだろう……?)。

 

・まとめろ

 転居して日が浅くても、住民票を移してなくても選挙権は消滅しません。

 あと、投票所入場券は日本郵便の手により転送されるまでもなく新住所宛に届きました。石川県白山市の投票所入場券が東京都に。そういう仕組みか。どうしても投票日まで待ちたいとか、投票日までの間に旧住所地を訪ねる用事があるとかの場合は直接投票しても良さそうですが、予定が飛んだり日程が変わると選挙権がヌルっと行使できなくなるわけで、気をつけましょう……。

 これを読んだら該当しそうな人はいますぐやりましょう。郵便3回がそれぞれ理想的に中1日で届いたとして、最速で7日*1掛かります。急げ。

 次回もこういう手続きが予想されるなら早めに不在者投票宣誓書兼請求書を郵送しておきましょう。

 電子投票まじで早く(その場合、住所ってなんだろうな……)。

 

・補足

 船員の場合

 

*1:速達郵便は考慮していません