読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新スクの淵から

笹松しいたけの思想・哲学・技術・散文。

期待と諦観

 昨日、twitterで「他人に対する期待値をどんどん下げていくと他人にやさしくなれる」という自説を提唱したところ、

 

 

 そ、そうですね。確かにそんな気がします……。

 

 他人に対して過大な期待を抱かない、そうして私は優しい優しいと言われてきましたが、どうやら人生一般に諦めていたようです。なるほど。最近では実の父親に「優しすぎる」とか言われて少々凹んだりしましたが、僕は元気です。ということはもう少し他人に期待しても良いのでしょうか。宝くじの当選ぐらいしか期待ができません。人が介在しない確率論にすがるしかないのでしょうか。こういうときに宗教が強い。

 

 人間誰しも否定されたくない、むしろ肯定されながらにして頭をヨシヨシと撫でられたいレベルのことがあります。それは自分の過去です。逆に言うと過去を否定されるのは相当つらいことと相成りまして、当たりどころが悪いと心にクリティカルヒットしてしばらく立ち直れないようなことにもなりかねません。そして、往々にして自分の過去、基礎、地盤、歩んできたコースを否定する存在と出会うことになります。当たり前です。社会は広いのですから自分の予想を遥かに超える存在や、自分とは正反対の存在と出会います。幸いにして多様さをうまく受容することができれば愉快な人生が送れるかと存じますが、不幸にも目の前の存在から勝手に「自らの過去を否定されている」と感じてどんどん歪むことすらあるのも事実。勝手に苦しめと突き放すのもひとつの手ですし、なにより手に負えないのに構っていると痛手となりかねません。

 

 オタク界にはたいへん有名な台詞があります。「認めたくないものだな、自分自身の、若さ故の過ちというものを」 という、シャア・アズナブルのセリフです。逆説的に言えば自分の過去*1を否定できるようになったら大人ということです。ただし、自分の過去は否定できても、他人の過去をどうこうする、というのはなかなかレベルの高いことであって、しかしながらオタクはこういうのが大好物なので手に負えません。

 

 つまるところ過去の自分の期待値の高さを否定することが現状を肯定しつつ精神科の世話にならない自分なりの手段であると考えます。過去の自分の期待値であれば今頃は東京近郊に家買って結婚してて子供が2人居て中の上ぐらいの暮らしをしているはずですから、日々変わりゆく世界の輪郭を的確に見据え、現状に見合った妥協案を自らに提示して脳内で妥結していくのが順当でしょう。

 

 自分はこれまで苦労してきたんだからタダで膣内射精ぐらいできてもおかしくねえんだよなあ←自らの過去を否定できていない一例

*1:1秒前も過去だ

こうつうあんぜん

 友人が遊びに来るというので高速バスの降り場からほど近いところへ迎えに行った。折しも朝のラッシュ時間帯と被り、幹線道路は交通量が多かった。ある信号で引っかかったので赤信号待機列の先頭で停車し、ケツから朝の貴重な時間と勝負するクルマのプレッシャーを感じながらアクセルをパカーっと開けて走行した。ふと物陰から青装束のオッチャンがなにやらマイクっぽいものに話しかけている。ふと思い出す。通称ねずみ取り。県警の手先である。やっべえ、後ろからのプレッシャーに負けて(ふわふわ) km/hで快調に飛ばしている。車列の先頭だ。やべえ。やべえ。空腹も手伝って顔面真っ青。あっ「止まれ」の手旗 with ヘルメットタイプの青装束。うへえ急いでるのにこんな近所で交通違反童貞捨てるのかよやってられねえなあと思っていたらオッチャンは私のクルマではなく2台後ろに停止命令。ああよかったとおもいつつも次からは1,700回転ぐらいでのんびり走ってやろう追い抜くなら勝手にどうぞとない胸を撫で下ろしつつ市街地へゆっくり急いだ。思えば最初のオッチャンの足元にスピード測定装置っぽいのはなかったから携帯かシートベルトの取締りだったのだろう。その辺触らないチキンで助かった。

 

 30日まで交通安全週間ですから貴重な虎の子現金をソープランドやラブホテルやおしゃれなレストランで使うべきであって県警に吸い取られないように安全運転しような。

オリジン

 おいしさの原点を追い求める弁当屋ではなく。オリジン。原点。見失いつつあるもの。

  と申し上げたところ、友人からツッコミが入った。私はハっとした。

 

 

 知らず知らずのうちに、世間の荒波に揉まれ、時代に迎合し、必然と自分の欲というものすらも見失い、ただただ身体を借り物として現世を生き流すだけの存在となりつつあった。そうだ、元来人間は利己的なのだ。利己的な遺伝子の乗り物として自分がある。世間が辛いので5人ぐらいまとめて妊娠させてそれぞれ競い合ってもらって仕送りまでして欲しい。働くママ、子育てするママ、家計を預かるママ、種付けするぼく。最高じゃないか。あまりに目に余る行動をすると寝首をかかれる心配をしなければならないから、どういうわけだか私のことを好きで好きでたまらなくて目がハートになっちゃうような女の子をどこかからピックアップすればよろしい。どういう修羅場になろうとも、私を殺して解決するという案が思い浮かばないくらいの愛で結ばれていれば良い。

 

 とは言えこのような構想もあながちぶっ飛んだものではない。なぜならばそういう時代が来ているのだ。これまでは男が稼いで女が付いてくる構図であった。しかし、一人あたりの所得はかつての半値にまで落ち、男女は同権を有するという見方が大勢となりつつある。そんな中で女性が絶対的な優位を持つことがひとつだけある。生まれる子供が確実に自分の子供であるという確証だ。男は生まれた子供が本当に自分の子供なのかどうかDNA鑑定をしないと分からない。ただこの一点だけは他に代えがたい。昔の男ほど稼がないのに家事も育児もしない、生まれる子供が自分のものか確証が持てない。なんの利点もないではないか。だからこそ我々は精液の価値を吊り上げていかにぐうたら生きるかという道を模索するべきではないか。子供を産みたくて産みたくて適齢期が過ぎ去る恐怖に怯える女たちから好条件を引き出すべきではないか。どうせ生まれてくる子供が自分のものかどうか確証が持てないのなら、女の方から精液くださいお願いしますと頭を下げに来るまで待てばよいのであって、まかり間違ってもタダでセックスするとか、お金を払って射精するなんていうのはご法度である。スト破りである。ATMと化してしまい、給料の大半を吸い上げられて小遣い制などに甘んじる輩には純然たる自己批判が求められる。そんな甘いことをするからみんな苦労するのだ。ラクをしたければ団結あるのみ。精液組合の誕生である。

 

 ところが、人間本質的な要求には抗えないように出来ていて、女の子の甘い香りを吸い込むとちんちんが無料で勃起し、甘い香りを吸わされながら金銭を要求されたとて判断力は泥酔状態と似たようなものになりつつあるし、射精する瞬間の偏差値はマイナス50であるからたとえその先がATMだろうと小遣い制だろうと「なんでもするから射精しゃせてくらしゃい~~~~♡♡♡」となるので本質的にはちょろいのである。精液組合でもって価値を毀損しないようにと思っても本能の前では本能寺燃やすより容易く組合が崩壊するのである。ああ悲しいかな本質的価値。若い女体はこの世で一番価値があるからそこに抗える男など存在しないのであった。第一部完。

 

 衆愚という考え方もあれど、枯れ木も山の賑わい的に国家というものは人口こそが多様性を担保する組織であるからして、昭和の高度成長期という時代において日本という国家は恵まれていたと言えるだろう。当然、マクロな国家は「何も考えずに結婚して何も考えずに出産する」ミクロな国民により支えられており、ミクロな家族内で起こるディスコミュニケーションそれに付随する機能不全家族や現代においては毒親と呼ばれる概念であったり、月並みな表現をするとすれば夫婦ゲンカに始まる家庭内不仲、現在ではメンタルヘルス案件であろう、いわゆる「○○ノイローゼ」と呼ばれるような種々の問題はミクロなものとして黙殺された。とはいえそういうミクロな問題を握りつぶしてなおかつての国家は成長し、どういうわけだかバブルが崩壊し、急速に増えた老人が財物を溜め込んで今日に至った。

 

 っていうめんどくさいことを考えずに膣内射精したら褒めてくれる彼女が欲しい。

不携帯

 今日は一日財布を家に留守番させて出歩いておりました。幸いにして商店に立ち寄ることなく帰宅したので会計の際についうっかり、という形で商店主に迷惑をかけることがなかったのだけは不幸中の幸いです。いつ、何があるか分かりません。いつもの道に露店が出ていて、探し求めていた伝説のゲームソフトが売られている、とか。あるいは、帰宅途中の道すがら、女子高生がひと晩いくらで買ってくれないかと交渉を持ちかけてくる、とか。そこまで不健全じゃなくてもラーメン食わせて風呂にでも入れてやって客用布団でひと晩寝かせたらたいそう喜びそうな家出少年がほっつき歩いてるとかいろいろ"不測の事態"はあるでしょうに、こともあろうに成人男性 without 財布。人間の価値は持っているお金でキマらないとはいえ、これはいかようにも格好がキマらない。むしろ少々脳みそがキマっているからこそ財布を持たずに家から出るのではないか。猛省しきり。

 

 かつてどこかで見聞きした心理テストがある。設問は

「友人が困ってお金を借りにきました。いくらまでなら貸しますか」

 というものだ。それに対する答えは、

 

「貸せる金額があなたの人間の器としての価格です」

 だった気がする。おおう。マジか。今日の私はプライスレス。そもそも財布を持っちゃ居ないのだから現金が出せない。笹松ドルとか手で書いて流通させるほかない。何を本位にして通貨を制定すれば良いのか。精液か。精液本位制。そのまま精子バンクに転用できそうな貨幣が出来上がる。適当にイケメンの精子でも混ぜとけば日本円に対して割合よろしいレートで流通できそうだが、古くからの言葉に「悪貨は良貨を駆逐する」ともあるから、ぶさいくの精子などはなから混ぜないほうがよろしい。分かりきったことだった。これから多くの人民をカモって巨万の富を得ようとするなら歴史から学べることは繰り返している暇などなかった。そうだ、それでいい。イケメンの精液に値段をつけて流通させよう。シコらないイケメンは生理周期ずらしておまんこを確保できるイケメンだけなのだからこっちに分があるぞ。どうせ捨てる精液を買い取って冷凍してバラ売り。ナッハハハ。ボロ儲けだ。

 

 ところがどっこいイケメンの精液を独占したい人々ってのは生理中でもねっとりフェラチオでぜんぶ吸い上げて転売を許さないぐらい独占欲強そうだし手を出したら刺されそうなのでこのブログに書いてあることを真に受けて刺されても知りませんよ私は。ノークレームでよろしくお願いしたい。

 

 不妊治療で種なし野郎が父親から精液もらって嫁はんに植える記事とか見るととっても高度なNTRだと思っちゃうけど、いつまでもキンタマが健全とも限らないし、何事も健全なうちにやっておくのが良いと思いますので、どうか、皆様、お排卵日。

 

 やっぱり膣内射精がナンバーワン。

タクシー

 みなさまはタクシーを使ったことがあるだろうか。私はある。かつてとんでもない田舎でクルマを持たずに生活していたからだ。始発の汽車に乗るために午前3時台に配車されるタクシー。同じ区間をバスで移動すれば200円であるが、タクシーだとほぼ10倍の金額だ。しかし、午前3時にもクルマを出してくれるのだから安いものだろう。今日はそんなタクシーのお話。

 

 かつては私も就活生だったので人並みに足らぬ頭で戦略を練り練り、無限に練りをしまつ……ではなく、中長期的な方向性を定めてリクルートスーツを買いに行った。

・ひとまず100000%受かりそうなところでひとつ内定を得よう

・それからのんびり考えよう

・5月以降のクソ暑い中スーツを着て都心をほっつき歩くのはヤダ

 の3点で就活をすることにした。

 

 従ってまずは100000000%受かりそうなところで内定を得ようとまずタクシー会社のドライバー採用の説明会へ向かった。グループワークで画用紙を渡され、「将来像を描け」という。当然私は「豪邸を建ててそこで暮らす」と描いた。豪邸の絵は「ハヤテのごとく!」に登場する三千院家を参考にした。就活特有の緊張した面持ちなグループのメンツは堅実な人生設計を描いており、この時点で若干のやっちまった感じを感じるも、とりあえず帰宅した。なあに、タクシードライバーの選考に落ちるわけがないのだ。

 

 翌日電話がかかってきた。先日のタクシー会社だ。

「笹松さんは"仕事をする"とか"将来のこと"とかが、纏まってないようですので、一旦選考をストップさせて頂いて……」

 

 は?

 

 Why?

 

 信じられないようだが、「今までのタクシー業界を壊す」宣言をしている会社は、こういう人材を遠回しに要らないと言ってきた。豪邸を建てられるようなポストに就いて会社をビッグにしたい旨がどうにも伝わらなかったようだ。新時代のパイオニアはいつも異端児扱いを免れない。まあよい。このタクシー屋は自分で未来はありませんと宣言してくれたのだ。神に感謝。美人に顔射。明日は明日の風が吹く

 

 ラブホにタクシーで乗り付ける都会型膣内射精は今日も東京の何処かで行われているのです。終電後で満室続きで膣内射精し損ねろ。

人形

 人形。人の形をしていると書いて人形である。私はこれが苦手である。嫌いというのではない。モノのくせに目がついていてゴミ袋の中から悲しそうな目でこっちを見てくるからだ。気にしすぎ?ああそうかもしれないねえ。現実の女からしっかり見つめてもらえる出来た人間だったらば、単に目を模しただけのプラスチックやガラスに怯えず済んだかもしれない。どれもこれも社会が悪い。政府が悪い。俺に擦り寄ってこない女が悪い。すべて他のせいだと思えばメンタルも悪くならず健康健康。今日はそんな人形のお話。

 

 と言って人形の話をするかというとそうでもないところが筆者のいい加減なところである。なにせ、メイドロボを作るより美人の髪の毛を拝借してきてそいつのクローンをどっかで産んでもらってしっかり幼少期からぼくのお嫁さんになってもらうために洗脳したほうが早いと思っていることで知られる私がまともに人形の話をするわけがないじゃあないですか。どうせセックスするなら無機物の人形じゃなくてたとえクローンであっても暖かくて喋るセックス出来る人間のほうがなんぼかええわい。

 

 よく安直に「かけがえのない命」というフレーズがあちこちで使われるものの、実際には死ななくても数日入院してみたり連絡を絶って放浪してみても自分の居た組織はどうにか回ってしまって架け替え可能じゃねえかと憤慨するのも一つの経験かと思います。逆に言えば「あなたでないとダメなんです」というご依頼やら恋慕やらはたいへんな麻薬と同じようなものである。なにせ他じゃ代わりが効かないってんだから多少の無理は聞いてもらえるわけで、うまく行けば好き放題できるからだ。女が「あなたでないとダメなんです」なんて言ったら3分後には膣内射精だ。

 

 逆に言えば「誰でもいい」なんてものは人材募集において悪手も悪手、若い女ならなんでも良いなんて言った日には性病持ちのブスだって拒めやしないのだから、よっぽどでない限り「誰でも」なんて言わずにきっちり条件を定めたほうがよろしい。童貞が女を選ぶ権利なんかないと思っているなら大間違いだ。ちゃんと「制服セックスができること」「ノーパンで水族館に行けること」「性病検査をして低用量ピルを服用すること」などキチンとアドミッション・ポリシーを明確にしたほうがよろしい。「何が食べたいか」と聞かれて「なんでも良い」と言われた時のことを考えてみたらいい。「お前の奢りで寿司が食べたい」とでも言ってくれたほうがなんぼかマシだ。「寿司なのは良いけど奢りは勘弁だ」と落とし所が見つかるだろう?つまるところそういうわけだ。求める条件は明確にしていけ。

 

 ドスケベでおまんこぐっちょぐちょになる美人と子宮口がコリコリするような湿度の高いセックスしておっぱい吸って寝たい。

でろりあん

 話題の映画を気軽に見に行ける程度の街に住むようになったので観てまいりました。

君の名は。

www.kiminona.com

 

 でまあ映画の内容に触れますとネタバレとなりますので深くは触れないこととして、本編上映直後に「ああ新海誠だ」と思えてしばらくすると新海誠の絵とかそういうのが気にならなくなるようなストーリーでございましたのでみなさまもご鑑賞いただければと思います。

 

 さてさて今日は映画の予告編のおはなし。映画館では近日上映の作品の予告編がそこそこ観られます。そして私は愚昧な大衆その1ですから、内容がゲスなほうが興味をそそられます。こないだ「シン・ゴジラ」観た時の「後妻業の女」予告編なんか最高に下品で最高でした。とはいえ。ああいうヤサイマシマシラーメンみたいなこってり下品なのでなくとも、恋愛がどうのこうのという筋書きでどう考えても生理が来てるヒロインが登場する実写作品ではだいたい濡れ場があります。そしてそれを予告編で流す。みんな大好き男と女。人類の歴史に深く刻まれたお約束事です。ところが、だれもアレを指して「濡れ場だ」とはいうものの「セックスだ」とは言わない。とはいえ朝チュン描写では消化不良感が出るでしょう。私が映画監督なら朝チュンはぜっっっっっっったいやらない。だってそうでしょう?皆様は綺麗な女優さんが演じるヒロインと無骨で男らしさを演じる俳優のぬらぬらテカテカした濡れ場をご所望でしょう?マクドナルド行ってメニューに有るとはいえサラダ食うか????家系ラーメン食べに行ってスープが醤油色のあっさり醤油ラーメン出されて満足するか????そういうことなのです。大衆は濡れ場をご所望だ。そしてセックスではない。濡れ場が求められているのだ。

 

 なぜ映画で濡れ場はあってもセックスはないか?答えは簡単だ。あれはセックスではないからだ。たいていの濡れ場は全裸っぽいアングルで薄いシーツっぽい謎の透けない布だけに覆われた2人がなんか苦しそうにうめいたり息を荒くしたりして全身から湯気立ってそうな感じになってるだけであってセックスではない。考えてみよう、セックスなのにスク水も着てないしセーラー服も着てなけりゃブレザーでもないしアニメのコスプレもしていない。そりゃそうだ、セックスじゃないんだもの。セックスってのはたいてい形容する感じの冠ことばをつける必要がある。スク水セックス。制服セックス。放課後セックス。おやすみセックス。ほうら、ぜんぶしっくり来る。では、映画でスク水セックスするシーン、まあどうせセックスを引き算して濡れ場にするのが監督の力量なんですけれども、そういうシーンなかなかないでしょう???○○セックスと呼べるような描写はないんです。なんでかって?そりゃあ童貞のための描写だもの。世の多数派はあくまで自前でセックスぐらいやったことがあって、その上で映画の濡れ場を見て想像力をフル・スロットルで脳みそからドーパミンどっばどば出して見終わったその足でラブホだ。濡れ場のある映画を見て気まずくなるのは童貞の考えた最強のデートだ。角川文庫にセックスが描写されててもなんのことはないけれど角川スニーカー文庫にセックス描写は出てこないだろう*1?つまり角川スニーカー文庫は角川文庫の刺激が強すぎた人用のマイルドなレーベルだったのだ(な、なんだってー AA省略)。

 

 とまあこんなところで駄文読んでないでLINEの中から土下座したらヤラせてくれそうな人誘って映画見に行けなんでもいいから早くだ早くしろ1分1秒を大切にだ。連絡が1秒遅かったら他の男の子供を孕む可能性すらあるぞ早くしろ手の遅い画面の前のアンタだアンタ、中古車屋で中古のデロリアンでもカローラでも買って早くしろ。

 

 というわけで「後妻業の女」一緒に観に行きませんか。ラブホ込みで。

*1:知らないだけで出てくる作品があるのかもしれない……。電撃文庫おねがい☆ティーチャーはそういう描写があったので一概にライトノベルにセックス描写がないとも言い切れない。