読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新スクの淵から

笹松しいたけの思想・哲学・技術・散文。

とうじんぼう

 305号線をクルマは海へとひた走る。行き先は越前海岸・東尋坊。俗に言う自殺の名所であるが、実体はこんぴらさんの参道を100メートルほど移植したような観光地である。押し寄せる日本海の荒波。昼ドラで最愛の人物を殺めてしまった犯人が飛び込もうとすると、船越英一郎演じる刑事が止めに入り、罪の告白が始まる……。そんなシーンが思い浮かぶような名勝地である。……あくまで、昼間は、であるが。さて、305号線を走るこのクルマ。時刻は真夜中・ウシミツアワー。東尋坊到着時刻は午前2時である。なぜこんな時刻に国道305号線を爆走しているのかは秘密であるが、おおよそ碌でもない野暮用であろう。有料駐車場とはいえゲートに当然人影はなく、入り口にロープも張られていないのでそのままクルマを止める。

 

f:id:sasamatsu:20161129015240j:plain

 

 前述のように、昼間は賑やかなお土産屋が開き、観光客が観光バスで乗り付けるような活況が思い浮かぶが、時刻は午前2時である。海岸へ歩をすすめると犬に吠えられる。ガラス戸のむこうに番犬と思しき姿が見える。こんなところへ来てまで眠っていない生き物に存在を認知されるとはなんなのだろうか。よもや、よくある自殺志願者と間違われているのではなかろうか。この犬っころめ。犬のくせに生意気である。

 

 さらに進むと喫茶店のようなお店があり、なんと扉が開いているではないか。よくよく見てみると人の気配もある。こんな時間にも人の気配をさせておくことで自殺志願者を引き留めようという試みだろうか。とはいえ丑三つ時である。さっさと用事を済ませて立ち去ることとしよう。

 

 さりとて岩場は完全な暗闇であった。足を踏み外せばその瞬間に天国のおじいちゃんおばあちゃんとご対面である。ヘルメットに懐中電灯がついているような山岳用の装備が要るような場面である。なぜ昼ドラで晴れの日の昼間にしかやらないかよくわかる。こんな真っ暗闇で撮影したら役者さんが奈落の底へおっこっちまう。舞台の奈落ならケガで済みそうだが(それでも大事故だ)、ここでは命のやりとりをすることとなるだろう。携帯電話に懐中電灯機能がついていてよかったと心底思いつつ慎重に慎重に海辺へと近づく。

 

========================================================

 

 用事はすぐに済んだのでクルマへ引き返す。何もこんなところまでわざわざガソリンを燃やした上に命まで燃やすつもりはないのである。カーナビアプリに次の目的地をセットして走り出す。……どうも進む方向がおかしいような気がするが、左折表示まであと2キロかとそのまま進める。15分ほど走っただろうか。沈黙したカーナビアプリを訝しみ、クルマを止めて画面をつつく。……。なんということだ、スマホがフリーズしているではないか。あわててアプリをすべて落として再起動する。どうやら目的地とは真逆の方向に15キロほど進んでしまったようだ。カーナビに従って来た道を引き返す。

 

 途中、交差点で曲がるべくブレーキを踏むと、ペダルの挙動がおかしく、異常に振動し始めた。クルマ全体に軽く衝撃が走ったような気もする。なにか小動物かなにかと接触したのだろうか。クルマを止めて確認するが、特にぶつかった跡も見当たらない。なんとも不気味な思いだ。固まるスマホ。何かがぶつかったような挙動。単にボログルマと安スマホのせいだと片付ければそれで済むが、どこかこの世の理屈では説明できないような不気味さを感じるドライブとなった。

 

 深夜に長距離ドライブするとクルマが少なくて快適だけどオービス見てヒヤっとしたりラブホ見てしょんぼりしたりするよねっていう話でした。

 

 俺だって愛液まみれのぱんつしゃぶりてえよ。

ジャンク

日記

 ジャンク、大変愉快な言葉である。「ジャンクにしてあげる」などと宣うお人形*1が一時期大変な人気を博したことがある。ジャンクとは、ガラクタを意味する言葉である。そして、そんなジャンクが大好きな人種がいる。かつては私もそうだった。ジャンクを拾い集め、そして自分の求める用途として使える程度に直したり部品として使ったりする。うまくいけば儲けもん。そういう人種がいるのである。

www.hardoff.co.jp

 ジャンクを幅広く扱う(?)ハードオフより引用。

「ジャンク」とはガラクタを意味する言葉です。このコーナーには商品価値のないもの、製品としての動作はしないもの等を集めてあります。
自分で修理したり、パーツや実験の材料としてお使いください。

・ジャンク品の商品保証および、返品・交換は出来ません。
・チェック時の状況を参考として記入してあるものもありますが、動作の保証となるものではありません。
・ジャンク品は、お客様ご自身の責任において利用して頂く種類のものであり、その結果について当店はいかなる責任も問いません。

  というわけで、つまるところ「ゴミなんだけど値段がついてる」というレベルの品物が並ぶ。

 

 従って、ジャンク品も「うまく直せるならば」たいへんなお買い得品と言える。世には秋葉原でジャンク品を買ってきて直すのが趣味、のような人種も数多いるわけであって、だからこそ秋葉原電気街の中央通りから1本2本と西に入った通りは「ジャンク通り」と呼ばれるわけである。あの筋には型落ち中古や出処の怪しい*2ジャンク品を扱う店が立ち並ぶ。機種固有の多い故障、たとえば基板上の電解コンデンサが劣化しやすい、であるとか、ヒューズの容量が設計ギリギリでよく飛んでいて、充電不能となり不動品とされやすい、等の知識があれば、私のように技術力に乏しいヘッポコでもタダ同然でお宝をゲットできる"かもしれない"という楽しさがある。

 

 なにもジャンクを直せばお買い得なのは電子機器に限らないと気づけばシメたものである。私のようなジャンク人間はそもそも人間性がジャンクであるが、こういう人材を拾ってきて使えるように"治せば"お安く使えてお買い得だ。だからぜひともジャンクを治すのが趣味というえっちなお姉さんに拾って治してもらいたいと思う。最低限度の人間としての所定の性能を発揮し、重篤な命にかかわるビョーキにかかっていないという動作確認だけは取れているのだから。

 

sasamatsu.hatenablog.jp

sasamatsu.hatenablog.jp

 

 どうぞご利用くださいラッシャイご利用ご利用膣内射精ご利用!

*1:ローゼンメイデン水銀燈ツンデレになるのかな……。

*2:明らかにされないだけで企業リース落ち品等が多い

鳥の照り焼き風煮物

工作 日記

 かつては私も小学生でした。学校では給食というものがあります。特に好きなメニューがあったりなかったり、万年不登校のクラスメイトが居て常にパンがひとつ余っていたり、状況は様々でしょうが、学校で食べるお昼ごはんというのは思い出深いものだと思います。

 

 中でも、時々出る「鳥の照り焼き」が好きでした。とはいえ、正しく鳥の照り焼きを作るとなると、全校生徒630人分を裏返しつつ焼かないといけないことになります。いくら給食室の皆さまが親切で献身的とは言え、不可能なことでしょう。そこで私は考えます。焼くのではなく煮ているのではないかと。検索すると同じことを考えて実行している記事が散見されたので、作ってみることにした。

 

・材料

鳥もも肉600〜800円分

ごま油

しょうゆ 50 mL

みりん 40 mL

酒  50 mL

砂糖 大さじ1.5杯

 

 以上である。


f:id:sasamatsu:20161201190840j:image

 作り方であるが、まず食べやすそうなサイズにもも肉を切る。


f:id:sasamatsu:20161201190919j:image

 そして、鍋にごま油を引き、皮を下にして軽く焼くとウマそうだが、手を抜くためにごま油を引いたらドカドカと切ったもも肉を並べて重ねる。


f:id:sasamatsu:20161201191117j:image


f:id:sasamatsu:20161201191127j:image

 火をつけ、液体の調味料(しょうゆ50、みりん40、酒50)を注ぐ。肉がすべて浸かるまで水を追加して、大さじ1.5杯の砂糖を入れる。


f:id:sasamatsu:20161201191339j:image


f:id:sasamatsu:20161201191348j:image

 アルミホイルで落し蓋をしてしばらく中火でボコボコと煮る。


f:id:sasamatsu:20161201191420j:image

 肉にあらかた火が通る頃には煮汁が減っており、肉が多少縮んだりするので、また煮汁に沈むよう箸で置き直す。


f:id:sasamatsu:20161201191705j:image

 再び落し蓋をして、煮汁に粘性がついてきたら完成。


f:id:sasamatsu:20161201191744j:image

 

 愛俺様弁当のおかずにどうぞ。

 

 本当は彼女に弁当を作ってもらいたいしなんなら彼女に弁当を作ってもいい(彼女いません)。

場立ちのトレーダー

 場立ちのトレーダー、というフレーズは伝わるだろうか。かつて、株式取引というのはコンピュータではなく人が手を上げて売り買いのサインを提示し、値段が上下するという仕組みを採っていた。目尻を指さし、両手でおっぱいをつくり、手のひらに三本指を立てて、これで「明治(メジリ)乳(おっぱい)業、300株」という意味になる。冗談だと思うなら「東証 ハンドサイン」あたりで検索してみては如何だろうか。伊藤忠が伊藤チューだからって投げキッスだったりするんだぞ。ビックリだ。コンピュータ登場以前から株式市場は存在し、なんともまあ贅沢なことに人間でサインを出していたのだ。

 

 そんな東京証券取引所も1999年にコンピュータ化され、立会場は姿を消してしまった。今でもテレビのニュースで株価を報じる場面では、かつて立会場を映していた名残として、東証アローズ内マーケットセンターを映すことが多いように思う。

 

 さて、今でも魚や野菜の市場へ行けば、活気あふれる取引の光景を見ることが出来るが、おおよその市場というのは一般公開されていない。食品を扱ったり現金を扱ったりする以上、部外者がうろついていてはマズいからだ。ところが、最大規模だと年間2回ほど、ずぶの素人さんでも歓迎の、活気あふれる市場が開かれている。場所は東京都江東区東京ビッグサイト

 

 カンのいいこちら側の皆様はもうおわかりだろう。そう、コミックマーケットだ。なにせ名前にマーケットと入っているだけではない。全国津々浦々から、サークル参加者は自らの描きたい欲望を、一般参加者は読みたいという欲望を、それぞれが自ら"場立ちのトレーダー"として身を投じる超巨大欲望市場、それがコミックマーケットだ(個人の解釈です)。

 

 中世風異世界モノでも市が立つと人の交流が活発になるという点は踏襲されるようであるし、ここ東京:有明においても日本全国津々浦々・世界各国からもそれぞれの思惑とかなりの好奇心を抱えた人々が濃密に交流するように思う。市場が活発なのは良いことですから、それぞれの利害が一致すればなんでもかんでも取引に応じる準備がある、ポテンシャルの高い人々が寄って集っているわけであって、だからこそ年間2回、数日間だけ有明の地に立つ、まるで陽炎のような夢の市場は連綿と受け継がれていくのかもしれない。

 

 以下、地方の印刷所から搬入される"欲望印刷物(同人誌)"情報を引用して終わる。

 

 

 

 

 

 それでは皆様、今冬も有明でお会いしましょう。

本棚をつくる(2)

工作

 前回はこちら。

sasamatsu.hatenablog.jp

 

 そんで今回は木口の処理が終わったので実際にドリルドライバーで下穴を開けてインパクトドライバーでコーススレッドをねじ込んでいきます。

f:id:sasamatsu:20161129182429j:plain

 直径4.2 mmのコーススレッドを使うので4.5 mmのドリルで下穴をあけていきます。コーススレッドより少し大きい穴をあけておくと、いわゆる"バカ穴"となり、完全に締め込むちょい手前で微妙な1 mm程度のズレを修正することができます。

 

 そして接合面にコーススレッドを打つのですが、ちゃんと木工用ボンドを塗っておきます。木工用ボンドを塗らないと、本の重さをコーススレッド(ネジ)だけで支えることになってしまいます。ネジにせん断荷重をかけるのはあまり良くない設計ですが、今回は木材加工の簡素化のため、木材形状に特に工夫をせず、ボンドで貼り合わせて荷重を持ってもらうことにします。

 筆者はワンマン運転を行っているため、ボンドを塗ってコーススレッドを打っているところの写真がなく、いきなりここまでの作業が終了した画像が貼られます。

f:id:sasamatsu:20161130142157j:plain

 インパクトドライバーで力任せにめり込ませたネジの頭を隠すためにパテを盛ります。雑な盛り方ですが、あとで塗装前に削って平らにするのと、パテが固まるときに痩せるのでこの程度で良いらしいです。知らんけど。

f:id:sasamatsu:20161130174922j:plain

 形になってくるとちゃんと設計通り本が入るかどうか確かめておきたくなります。確かめました。

f:id:sasamatsu:20161130173113j:plain

 ばっちり入りますね。上から5段がB6サイズ、その下が文庫本、下から2段がA5サイズ用です。

f:id:sasamatsu:20161130173126j:plain

f:id:sasamatsu:20161130173134j:plain

f:id:sasamatsu:20161130175658j:plain

 設計通り収まりましたので、パテを削って塗装することにしましょう。

 

 つづく。

三次元は汚いか

日記

 昨今はテレビでも我々がセックス離れをしているという趣旨の番組が大変増えて傷口に粗塩を擦り込まれる思いですが皆様如何お過ごしでしょうか。とはいえタイムラインではそういう番組にたいするハッシュタグ付きtweetがどんどん並びますので、結局皆様セックスは大好きなんだけど万が一の際のリスクが大きすぎるといいますが、結局のところしくじると多額の現金が必要になるという現代の過度な貨幣経済と行き過ぎたデフレのあわせ技でどうにもならなくて首をくくるまで行く可能性を考えてしまうのか、はたまた単に富もセックスも偏在しているのか、そういうのはエラい社会科学の人々にお任せするとして、市井に根ざしてあらぬ視点からものを言うのが役割のこういうブログではそういうマクロなことじゃなくてミクロなことを論じてみようというのが昨日の夕方思いついた三次元の汚さという点でございました。それでは皆様本日もどうぞお付き合いくださいませ。

 

 とまあそういう若者が恋愛しないというテーマの番組でよく登場するのが"俺らお前ら"みたいな非モテの若者なのですが、よく「セックスに興味はないのか」という質問に対する返答として「三次元は汚い」というのがあります。これは何故なのでしょうか。三次元が汚いとはどういう意味なのでしょうか。少しここをマクロに掘り下げてみたいと考えます。

 

 まず第一に考えられるのは体液の嫌悪です。昨今では公共施設のトイレや、給食センター等の調理場の床が、タイル張りから床材張りに変わり、それまでの、長靴を履いて、水をジャブジャブ流して清掃するスタイルから、床は常に乾いていて拭き掃除、というスタイルに変わりつつあります。水をジャブジャブ流すスタイルでは飛沫で逆に細菌を撒き散らすことが分かってきたからだそうで、科学的なエビデンスが根付くと建物のスタイルすら変わるのだという例だと言えるでしょう。水道の水でジャブジャブ流せば清潔という印象は、こうして、いつもジメジメと水滴が付いていてなんか汚いというイメージに変わりつつあります。するとどうでしょう。乾いているのが清潔となると、おまんこのように常に湿っているのはどう感じられるでしょうか。ましてやディープキスなんてとんでもない。常に体温で何かしらの食べかすが発酵していそうな口どうしをぬちぬちと擦り合わせるなど狂気の沙汰ではないでしょうか。なんだかジメジメとして汚そうな粘膜どうしをにゅるにゅると擦り合わせる行為が汚い感じだ、という解釈も荒唐無稽なものではなさそうです。

 

 次に考えられるのはいちいちマクロなことが気になったりはしないだろうかということです。例えば抜け毛。人間から直接生えている体毛はまだ良いけれど、ぷちっと抜けた瞬間にそれは切り離されて抜け毛という概念に変わりやしませんでしょうか。考えてもみてください。おまんこをぺろぺろとなめまわしているときにふと口の中に抜け毛が入ってくるということを。なんで今抜けるんだと思うことでしょう。きっとそうだ。違いない。たぶん。Maybe. そして毛の次は体臭が気になりゃしないでしょうか。それも、今抱いている相手のことではなく、自分の汗やらなんやらその他如何ともしがたい体臭が漂っているのではないかと気になって仕方がなくなりゃしませんか。あらあら大変。もうセックスを楽しむどころではありませんね。気にすることだらけ。そうこうしているうちにコンドームが不良品で穴が空いていないだろうかと気にかかります。いくら日本国内で販売されるコンドームは全数ピンホール検査をしている*1とはいえそれは出荷されるまでの話であって、メーカーを旅立ったコンドームがいま目の前で個包装を破られるまでの間に千枚通しかないかでちいさい穴が開けられていない保証はどこにもないのです(そりゃそうじゃ)。いつでもいつも本気で会社に行ったり学校に行ったりして神経使い果たしてるのになんでセックスにここまで神経を使わにゃならんのだアホかというふうに考えませんでしょうか。

 

 そして、上記2点、「湿ってるとなんか汚いっぽい」「マクロなことがいちいち気にかかる」という問題点を綺麗さっぱり解決してくれるソリューションがあります。もうおわかりですね。二次元です。なんとびっくり、コマや余白や原稿用紙の限りがあるせいで、作者の描写能力に限界があるせいで、言葉や絵では伝わらない部分が存在するせいで、生々しい体温や体液の描写やいちいちマクロなことを書いたり描いたりしてられないという作者側の理由で、泣く泣くオミットされているにも関わらず、却ってそれが問題点を切り落とした形になってしまいました。びっくりだ。作者と読者の利害が一致してしまった。なんということでしょう。メディアの作り手と受け手の意図するところが違うのに利害は一致し市場ができてしまったではないか。こりゃたいへんだ。

 

 ではここでズバッと解決策を提示できるのかというと実のところそうはうまく行きませんですから、結局のところ、湿ってぬるぬるしてても気にならないどころかむしろそれも含めて好きだと言える人と、そういう細かいマクロな事象をいちいち気にしてられないぐらい熱い恋をすれば脳みそがそれどころじゃなくなって勝手にオミットされますんでよろしくという話になりました。

 

 心の底からおしっこ飲みたいと思えるようなイカれた精神病みたいな恋愛すればいいんだ俺は詳しいんだ。

本棚をつくる(1)

工作

 もともとアホのように本屋でどっさり本を買う人間でした。前職時代、「すぐ東京に転勤」という話を真に受け、本棚はお預けだな、ということで、千葉に住んでいた頃持っていた本棚を友人にあげてしまい、津山ではダンボールに本を詰めて生活していました。なぜならば1年しか暮らさない部屋に合わせて本棚を買うと、まだ見ぬ次の家の間取りにマッチするかどうか怪しいからです。図書館や本屋だったら本を山積みにするのはご法度でしょうが、個人レベルでは本がタワーになっているのはよくあることです。

 

 ……という予定だったのですが、諸般の事情*1で人生設計が大変お狂いになりまして、どういうわけだか気がついたら1LDKに住むようになりました。寝室とは別に作業部屋が用意できてしまうことになります。これで笹松工房計画が思いもよらぬ形で叶ってしまったこととなりました。人生どこで何が起こるかわかりません。1Kアパートから1LDKへ華麗なる転身。爆発タウンは天津。床をホコリまみれにしてもそこに布団を敷かなくていいという、なんともズボラには天国のようなおうちを用意していただき、さあソファとテレビでも置いて女連れこんでそのままソファでファックだと相成り……ません。デスクを置いたらソファを置くにはちょいとせせこましくなってしまいます。まいったな。ということで前段において計画が放置されて本がダンボール詰めになっていることを思い出し、本棚を作ることにしました。

 

 なんで本棚を"作る"のかと言われれば、清く正しい本棚のウェブサイトを見てたいへん感銘を受けたからであってそれ以上でもそれ以下でもないのです。

清く正しい本棚の作り方

 

 とはいえ、このサイトに掲載されている本棚はいわゆる、「終の棲家」にて、その家の天井高さに合わせて作ってしまおうというコンセプトですので、広いとは言え賃貸住まいにはちょいと方向性が違いますので、暫定的に下半分だけまず作ることにしました。あとから上半分を作れるのが自作のメリットと言えるかもしれません。というわけで適当に設計をします。caDIY3D+というソフトを使います。前職でやってたのと同じような作業をしつつ本棚の設計を3本分。

f:id:sasamatsu:20161126012553p:plain

 それでもって、木取り図を作ったら適当な業者さんを探して発注します。

f:id:sasamatsu:20161118005831j:plain

 それで、ここから少しだけ、参考にしたウェブサイトとは違う方法で、ランバーコアの断面、いわゆる木口を処理します。木口テープを使います。

f:id:sasamatsu:20161125013459j:plain

 ご覧のようにランバーコアの断面というのはあまり家具っぽくないので、木の板を0.45mmに薄くテープ状にした木口テープを貼り、あたかも高価なムク材を使っているかのように見せかけます。お化粧やフォトショップと似たようなものだと考えれば良いでしょう。

f:id:sasamatsu:20161126013307j:plain

 上がランバーコア材の断面、下が木口テープを貼ったものです。これが本棚の見える面に来ると思うと全然違うでしょう?

 

 というわけで平日にできそうな作業として木口テープを貼っておしまい。次回は木口テープの端を"面取り"して、組み立てていきます。

 

 エロマンガの検索性が最悪なのでとっととダンボール捨てて本棚に並べたい。

*1:これとかあれとかそれとか。