新スクの淵から

笹松しいたけの思想・哲学・技術・散文。

東京湾納涼船2019

 ブログを書くのもどれだけぶりかと思えば前の記事はイベント参加告知だけなのであった。筆不精が過ぎる。というよりも同人誌の原稿を抱えているとこういう散文を書く気持ちの余裕がなくなるということか。なるほど人間適度な圧力というのは必要なれど締切がなくなると途端に書かなくなるのであった。

 

 東京湾納涼船というのは竹芝桟橋から伊豆諸島に船を出している東海汽船が毎年夏になると大島方面航路の間合い運用*1でやっている遊覧船のことである。東京近郊のナウ(死語)なヤング(死語)では「ナンパ船」でも通る。なお公式にはナンパ等の迷惑行為は禁止であるとされ、万一トラブルになるとあのカッコいい制服を着た屈強な航海士に連行されることとなる。

 

 ナウでもヤングでもない同人作家が東京湾納涼船に乗ることになるのは今から遡ること数ヶ月、台湾に拉致された直後に「運転手」である沓野から八丈島旅行の提案があった頃に遡る。常日頃から台湾に行きたいと言うのと同じぐらいの頻度で私は八丈島へ行きたいとも言っていた。ちょうど沓野が東海汽船の会員制度「七島クラブ」に入って伊豆諸島を順番に訪ねている最中であり、ちょうどいい同行者として選んでいただいた次第。

 で、だ。「八丈島に行く前に納涼船に乗ろう」と提案されるわけである。何も知らない私は「ははあ屋形船のことか」と快諾して手配を任せて前日まで放置。旅の支度をしながら「東京湾納涼船」と検索してビックリ。屋形船ではなく大型客船「さるびあ丸」の間合い運用であるとここで知る。

 当日、八丈島への旅支度をして竹芝桟橋で集合する。

f:id:sasamatsu:20190817180212j:plain

「屋形船だと思ってたわ」

「"なんぱ"船やぞ」

「……中森明菜?」

「おれとひとつしか変わらないんだよなあ……?」

 とかいうやりとりもしつつ乗船。ロビーでプラスチックカップにビールやサワーが注がれて置かれており、これらなんと飲み放題。2,600円の乗船代金に飲み放題が付属している。インターネット予約で2,400円だったか。今シーズンが終わり増税されて値段が変わるかもしれない。

f:id:sasamatsu:20190817193429j:plain

 じゃぶじゃぶとやっていると出航時刻。貿易センタービルや東京タワーに見送られながらゆらゆらと東京湾へ。飲み放題ではあるがフード類と一部のちょっといいドリンクは有料である。予め100円×5枚綴りのフードチケットを買っておくか交通系ICカードでの決済となる。Suica/PASMOの残高を交通費縛りとかしてない人なら特にフードチケットを買う必要はないでしょう。男4人はアホなのでフードチケットを買いすぎて余らせる。……あっひょっとしてこれ半端に余るからそれで女の子に声かけろやっていうあれか? あれなのか!?(気づくのがしぬほど遅い)

f:id:sasamatsu:20190817224820j:plain

「おい笹松ガントリークレーンやぞガントリークレーン」

「まだ言うかwwww」

 などとやりとりしていたらレインボーブリッジをくぐるところ。「天気の子」よろしく、しかし酒を飲みながら「東京って、こえー……」とやるのもお約束。

 

 この日はそのまま降りて一休みし、橘丸に乗り込んで八丈島へ。

 

 そして時はまた一ヶ月ちょい進み、9月の三連休。そう、東京湾納涼船のラスト三日間はなんとインターネット予約でひとり1,000円のバーゲンプライスなのだ。もちろん飲み放題。頭の悪い男4人は使い残したフードチケットを女の子と分けるでもなくシーズン中に2回乗って使い切るのだ。東海汽船ありがとう。

f:id:sasamatsu:20190923190313j:plain

 というわけで東京湾の夏も終わり、2代目さるびあ丸も来年5月引退ということでお疲れさまでした。納涼船ダイヤを終えると再び横浜に寄港するようになるため、手軽な船旅をしたい方は是非に。台風被害が落ち着いたら伊豆諸島へ旅行してもいいと思いますよ。近いし。東京都だし。

f:id:sasamatsu:20190923190659j:plain

 びーるうめえ。

*1:本来の仕事、この場合は伊豆大島航路の合間、間合いでやるアルバイトのような運用のこと。鉄道では特急用の車両がホームライナーや快速・普通列車に入ることを指して言うことが多い。

砲雷撃戦!よーい!五十二戦目のご案内(ね-16:新スクの淵から)

あす9月22日、東京ビッグサイト西4ホールで開催される砲雷撃戦!よーい!五十二戦目にサークル参加します。スペースは「ね-16」です。

f:id:sasamatsu:20190921223601p:plain

 

新刊は「川内&鈴谷と自宅のお風呂でソープごっこ3Pする本」500円です。表紙は石臼さんに頂戴しました→ Pixiv

www.pixiv.net

委託で「さんふらわあ屋島」様の艦これ小説プロット公開合同を置いております。笹松も参加していますのでご興味のある方はどうぞご利用ください→Pixiv

www.pixiv.net

新刊は通販もありますのでどうぞご利用ください。
メロン:https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=563644


自家通販:https://sasamatsu.booth.pm/items/1573032

sasamatsu.booth.pm


メロンブックス電子版:https://www.melonbooks.com/index.php?main_page=product_info&products_id=IT0000216271


DLsite(電子版):https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ265298.html

www.dlsite.com

夏コミ新刊「義妹は現役JKコスプレイヤー」は手元在庫がありません。メロンブックス様をご利用ください。→ https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=529496

 

 

今日の明日ではありますが、どうぞよろしくお願いします。

コミックマーケット96のご案内 #C96

参加日:1日目(2019年8月9日 金曜日)

ところ:南1ホール ス-17a (WEBカタログ

サークル名:新スクの淵から

新刊1:「義妹は現役JKコスプレイヤー」成人向小説文庫版100P 会場頒価1,000円

新刊2:「拉致られて台湾島 #空飛ぶ国際問題」全年齢旅行記A5版44P  会場頒価500円

 

また、サークル「水の都」様の神戸かわさき新刊「荒潮アラカルト」も委託でお預かりしております。会場頒価1,000円です。

 

当日は暑いことが予想されますので(例年ですね……)十分対策の上お越しください。

書店委託も行っております→(メロンブックス様

f:id:sasamatsu:20190731162506p:plain

おしながき

 

また、「拉致られて台湾島 #空飛ぶ国際問題」は3日目・4日目のサークルにそれぞれ委託しております。ご利用ください。

f:id:sasamatsu:20190731170205p:plain

拉致られて台湾島 #空飛ぶ国際問題 頒布案内

(期日前ではなく)不在者投票をする話

 かねてよりお知らせしている通り、4月下旬に石川県白山市を転出し、東京都某所へ転入しました。7月の参議院選挙は選挙権がありませんウソですあります。選挙権はありますが、行使するのが面倒な状態です。

 

・結論から先に言え

 転居タイミングが微妙で旧居住自治体の投票人名簿に自分の名前が記載されているとき、あるいは住民票を移していない・長期出張中などの場合……

1:投票人名簿に記載されている自治体の「不在者投票宣誓書兼請求書」を請求/ダウンロードして印刷し、記入して投票人名簿に記載されている自治体の選挙管理委員会事務局に郵送(1)

2:公示後、書留郵便(2)で投票用紙の入った封筒が送られてくるので開封せず新居住地・滞在地自治体の選挙管理委員会事務局に持参し、事務局員立ち会いのもと投票用紙入りの封筒を開封・記入・二重封筒への投入を済ませ、選挙管理委員会事務局員に手渡す。新居住地・滞在地の選挙管理委員会事務局から投票人名簿に記載されている自治体の選挙管理委員会事務局へ書留郵便で郵送される(3)

3:到着した投票用紙が投票箱に投函される

4:(投)開票日に開票される

 

 以上ですが、上記(1)~(3)の通り、郵便が3回、いったり来たりします。書留を受け取りそこねて再配達になったり、あるいは投票に行ける日が限られていることでしょう。お早めに(今回の参院選の場合は可及的速やかに)お手続きください。

 

・以下私のケース

1:参議院通常選挙は日程が大きくズレないので6月中に石川県白山市の「不在者投票宣誓書兼請求書」を印刷して記入し、三つ折りにして封筒に入れておいた。

www.city.hakusan.ishikawa.jp

 静岡旅行に行く途中どこかで切手を貼って郵送しようと思っていたらそのまま台北に連れて行かれたのでこの書類は一緒に台湾を旅行し、帰国後に郵送した。

 

2:書留で投票用紙が届く。6月中に郵送しておいても選挙の名前と回数(第25回参議院議員通常選挙)が間違えていなければ公示即手続きしてもらえることがわかった(海外滞在中とか長期で自衛隊とか船舶とかの仕事してると大変だものね……)。

 

 役所内に設置されている選挙管理委員会事務局に封筒を開封せずに持参する。立ち会いのもとで開封してもらったが、一番外側の封筒を開封すると私に向けた案内と、もう一度封緘された投票用紙のセット(?)が出てきた。後者に「開封しないで選挙管理委員会事務局に持参してください」と表記があり、どうも一番外側の封筒は開封しても大丈夫なようだ。

f:id:sasamatsu:20190710123738p:plain

郵送されてきた封筒。他の自治体だとレターパックの場合もあるようで。

 内容物は……

1)不在者投票用紙等の送付について

2)不在者投票注意書

3)投票用紙2枚(選挙区・比例代表

4)外封筒2枚(選挙区・比例代表

5)内封筒2枚(選挙区・比例代表

6)選挙候補者一覧2枚(選挙区・比例代表

7)不在者投票証明書(開封禁止)

 立ち会いのもとで開封してもらったため、3~6はすべて封緘された一つの封筒に入っていたように見えた(見間違いかも:6だけだったかもしれない……)。

f:id:sasamatsu:20190710031942p:plain

1.2.6については手渡されたのでそのまま持ち帰った

 

 アルミのパーテーション内で投票用紙に記入し、投票用紙を内封筒に入れて封をし、それをさらに外封筒に入れて封をするように指示されるので従う(マトリョーシカか、あるいは現金書留か何かか)。この際、当たり前であるがブース内に貼られている選挙候補者一覧を見て書かないでくださいねと案内していただいた。(正統とはいえ)変な手続きだから緊張してやらかしそう。

 

 作ったマトリョーシ……ではなく、投票用紙をそれぞれ内封筒・外封筒に納めたもの(選挙区と比例代表でそれぞれ1セット、トータル2つ)を投票所係員に渡し、終了。

 

3:~4:白山市選挙管理委員会事務局御中、あとはよろしく頼んだ。

 

・変な視点から

 自己負担は最初に不在者投票宣誓書兼請求書を郵送するのにかかる82円(と最寄り選管まで行く交通費)ぐらいで選挙管理委員会事務局から書留送ってもらって自分の投票用紙が往復するので大変お得な制度だと思います使える人はじゃんじゃん使いましょう(ケチ)。

 あとは副次的効果として、不在者投票ならば投票できるというケースを特定の候補の支持層に刷り込んでいけば、こういうめんどくさい事務手続きめいたことが三度の飯より好きなめんどくさい人間が支持者でありあなたに投票したぞみたいなことをアッピルすることができるかもしれない(それはどうだろう……?)。

 

・まとめろ

 転居して日が浅くても、住民票を移してなくても選挙権は消滅しません。

 あと、投票所入場券は日本郵便の手により転送されるまでもなく新住所宛に届きました。石川県白山市の投票所入場券が東京都に。そういう仕組みか。どうしても投票日まで待ちたいとか、投票日までの間に旧住所地を訪ねる用事があるとかの場合は直接投票しても良さそうですが、予定が飛んだり日程が変わると選挙権がヌルっと行使できなくなるわけで、気をつけましょう……。

 これを読んだら該当しそうな人はいますぐやりましょう。郵便3回がそれぞれ理想的に中1日で届いたとして、最速で7日*1掛かります。急げ。

 次回もこういう手続きが予想されるなら早めに不在者投票宣誓書兼請求書を郵送しておきましょう。

 電子投票まじで早く(その場合、住所ってなんだろうな……)。

 

・補足

 船員の場合

 

*1:速達郵便は考慮していません

ASRock DeskMini A300を組む

 新しいパソコンを買うことにしました。前のパソコンはこちら。

sasamatsu.hatenablog.jp

 

 月日が経ち状況も変わったため、ちょっと余裕のある性能のマシンを導入することにしました。これまでずっとIntelだったしなあ、と思いつつ身近なAMDerであるところの池西氏とか、小型コンピュータで遊ぶ皆様の最前線をひた走るのらねこ氏の影響が大きく、総合的に勘案した結果DeskMini A300にRyzen5 2400Gを積むという判断になりました。

 

 参考にしたのはのらねこ氏の同人誌「DeskMini A300 バイヤーズ・ガイド」でして、これに従って組めばポンと立ち上がります。

 でもって、のらねこ氏の本に載ってる以上のTipsというか、そういう感じのアドバイスをちょろっと書き連ねておきます。繰り返しますが基本的に「DeskMini A300 バイヤーズ・ガイド」さえ読めばOKです。

f:id:sasamatsu:20190525052256j:plain

組み上がったDeskMini A300

 

・短いミッキーマウスケーブル

 アマゾンで買えます。

www.amazon.co.jp

 付属のACアダプタはデカいので、のらねこ氏によれば極性容量等が同じ小さめのACアダプタを使う手があるとのことです。私はケチなので付属のACアダプタを活かします。でかいったって東京ドームよりは小さいんだから、結束バンドベースと結束バンドでもって机の裏に貼ってしまいます。

 なお、この短いコードはプラグ側にアースの結線がありませんので、そのあたり気にする場合は自己責任になっちゃうかなと思います。

f:id:sasamatsu:20190527034428j:plain

いくらこのケーブルを短くしても他のケーブルで台無しだぞ? はい……

 で、その後、付属のACケーブルを使うとタップまでの距離によっては完全に持て余しますので、買ってきた20cmのケーブルに取り替えます。すると配線がスッキリ。

 写真にも写っていますが、タップも机の裏に貼ってしまうとホントにスッキリしますのでおすすめです。結束バンドと結束バンドベース、覚えておきましょう。

 

・リード線とかタコ糸/ミシン糸とか

 増設USBポートのケーブルを処理するために、前面パネルからの配線と同じクリップに通したくなると思います。というかなります。

f:id:sasamatsu:20190527035145j:plain

USBポート付けてからだと前面パネルは外せなくてねえ……

 前面パネルを外せばすんなりケーブルをクリップに通せますが、頑張って通そうと思うとクリップを持ち上げるためにタコ糸なりリード線の切れ端なりで引っ張ってやる必要があります。昨今のUSBポートの需給からすると無理に増設しなくてもいいと思いますので、それこそ机の下にUSBハブを貼り付ける等で対応できる場合は無理に買わなくてもいいオプションかなと思います。

 

・DisplayPort→HDMI変換ケーブル

 デュアルモニタだったり、液タブとモニタだったりする方も居るでしょう。DeskMini A300の映像出力端子はHDMIがひとつ、DisplayPortがひとつ、アナログD-subがひとつです。意外と買い忘れがちなので、今までHDMIケーブル2本で繋いでいた環境の方は忘れずにカゴに入れておきましょう。

www.amazon.co.jp

 これでワコムのCintiq 16と繋いでいますが問題なく表示されます。モニタのHDMI端子に直接つなぐのなら片側DisplayPort、片側HDMIみたいなケーブルでも良いでしょう。

 

 別に信者でもなんでもないので好きなCPUを使えばいいと思いますが、DeskMini A300はそれなりに小型でデスクトップ用のCPUが使えますのでおすすめです。もちろん、グラフィックカードが必要な用途で使うには貧弱な部分もありますから、自分がパソコンを用いる目的とよく相談して決めて欲しいところではありますが……。

 タワーマシンを無造作に置いても狭くならないおうちに住まい構えてえ。

パソコン遍歴

f:id:sasamatsu:20190524034638p:plain

Deskmini A300をポチってしまったので自分用のWindows機の遍歴を語っておく。

 

・はじめての自分専用マシンはドスパラBTOだった

 確か中2だったと思う。買ってもらうまでに死ぬほど紆余曲折があった(成績1桁を維持することなど一家引っ掻き回す大喧嘩をした記憶があるような……)がそれは本筋ではないから置いておくことにして、家族共用機がVAIOでCeleron1.6GHzか何かでメモリが256MBでとにかくうんこだったので如何にしてPentiumが良いか如何にして512MBのメモリが必要かということをパワレポと日経WinPCを積み上げて説得した気がした。

 結局資金提供はオヤジだったように記憶している。この父親は要所要所で貯めておいた自分のこづかいを放出させられていて大変だがいいオヤジで、家を新築した時の家電、ドラム式洗濯乾燥機とか冷蔵庫とか一式もオヤジ持ちだったように思う。つまるところそれなりに悲惨ではない金額が自由になるこづかいをもらっていて、他所に女を作るでもなく土日はペットボトル焼酎を緑茶で割りながらチビチビやってるいい父親なのであった。

横に写ってるDELLの中古は当時6,000円ぐらいでLinux入れたりしてた

横に写ってるDELLの中古は当時6,000円ぐらいでLinux入れたりしてた

 64bit対応のCPUとはいえOSは32ビット版のまま生涯を終えた。将来の拡張性というのはなかなか有効に活用されないのだなと思う。

 

 その他同時期に父からの払い下げやら中古やらで雑多に何台も24時間動いており、今思えばよく流体軸受じゃないうるせえHDDがギュンギュン回る中で眠れたなという気がする……。ポンコツの再セットアップはこのあたりと戯れながら覚えた。

父の払い下げAL-N2 MMX Pentium 200MHz メモリは増設しても48MBだっけな 化石

父の払い下げAL-N2 MMX Pentium 200MHz メモリは増設しても48MBだっけな 化石

Celeronの500MHzとかが載ってるダイナブック 化石は化石だけど上のレッツノートよりマシ

Celeronの500MHzとかが載ってるダイナブック 化石は化石だけど上のレッツノートよりマシ

Celeron400 MHzとか載ってた気がする DDRじゃないSDRAMだった

Celeron400 MHzとか載ってた気がする DDRじゃないSDRAMだった

 

・大学に入ってとりあえずノート 一番安いやつ

 2011年の春に大学に入り、実家から上記のマシンを移設するのも大変だからととりあえずWindowsが入っていて4万円ぐらいのノートパソコンを買った。大学生協ノートパソコンに中指を立てるような感じだが、レポート書くぐらいなら十分な働きだった。

 途中でCFD販売の箱に入った東芝製チップ採用という触れ込みのSSDに換装し、それなりに使えるようになってしばらくはサブノートとして現存していた。

ドスパラかどっかで買ったSSD 当時6千円台だったと思う

ドスパラかどっかで買ったSSD 当時6千円台だったと思う

 キーボードにPageUp/Downのキーがないなどノートパソコンとしての完成度はイマイチだった……。

 あとWindows7のくせにしょっちゅうブルースクリーンになるからmemtest走らせたらエラー吐いたのでドスパラに持ち込んでメモリを交換してもらった。Wndowsのせいだと思ってツイッタで愚痴ってたら「WindowsXPよりよっぽど安定してますよ?」と言われてハードウェアを疑うに至った。ビンゴだった……。

 

・録画専用機がメインマシンにまでなる 鼻毛鯖

 NTT-Xストアというインターネットバッタ屋(ひどい言い方:いいお店ですよ)で一時期鼻毛カッターとセットで売られていたNECのExpress5800というサーバがある。サーバではあるが普通のWindowsが走るのでパソコンとして使っている(いた)人も多いと思う。

 とりあえず本体を買って中身はアキバで買ったパーツにちょいちょい置き換えて、PT3を挿して録画機として使った。深夜アニメを録画し、録画完了後にバッチ処理エンコードが走って朝までにスマホ向けのmp4が出来上がるシステムを組んだが東京MXの本編とCMのつなぎ目でバッチ処理がコケる事態が頻発し、最速放送を捨てて他局(チバテレとかね)の放送を録画するなど運用でカバーしていた。

実家から持ってきたモニタとアキバのジャンク通りで買ったモニタでデュアル

実家から持ってきたモニタとアキバのジャンク通りで買ったモニタでデュアル 足元に置いてあるタワーマシンの写真なんてないよね……

 のちに岡山県北に引っ越し、アニメの放送がないのと、資金難からカードリーダとPT3一式をヤフオクで手放す等、録画機から録画機能が失われた。代わりにdアニメストアアマゾンプライムに加入した。そっちのほうがCM入らないし3億倍ラクだ……。運用途中でノートパソコンよりこっちの稼働率のほうが高いやんけと上記のノートからSSDをかっぱらってきたり、デュアルディスプレイでアナログ接続すると画面が揺らぐ(サーバだからね:画面出力は貧弱だよな)のでやっすいグラボ(HDMIとかDVIの端子が増えればなんでもよかった)を挿すなどして長く使っていたが、石川に転居してすぐ、グラボ買って間もない頃に件のSSDが沈黙し、部品交換で延命するか、他のパーツが死ぬ可能性も考えてシステムをリプレースするか2日ぐらい悩んでNUCをポチった。

引っ越してグラボ挿したら秒速でSSDがオシャカになった(因果関係不明)

引っ越してグラボ挿したら秒速でSSDがオシャカになった(因果関係不明)

 

・結局端子が全部埋まるまで酷使したNUC

 導入に関する話は次の記事あたりを読んでいただくとして

sasamatsu.hatenablog.jp

 導入まではスルスルっとうまく行ったので運用の話。当時は同人誌も作っておらず、ブラウジングiTunesTwitterのクライアントがヌルヌル動けばええわいと思っていたが、その後数年で同人誌出すわ絵は描くようになるわ艦これは二期になって重たくなるわと、別段「重い」「遅い」と思う場面は少ないもののCPUファンがブンブン回って無茶してます感がヒシヒシと出てきた。

 背面端子もmini Displayportが余った状態で長らく使っていたが、液タブを購入し無事2画面になってしまい空き端子はなにもない満席御礼。

NUCに無茶させやがって……

NUCに無茶させやがって……

 で、だ。世間知らずというか先見の明がないというか単にケチだったというか、当時はとりあえずメモリを8GB*2(8,000円相当)挿しておいて、安くなったら16GB*2にしようと思っていた。何の疑いもなくメモリ価格は下がるものだと思っていたが、読者諸賢はご存知の通り8,000円相当のメモリは最大で25,000円程度まで高騰した。「メモリ価格 推移」あたりで調べてみて欲しい。買った当時が底値だったのだ。というか16GB*2に換装する頃に価格が下がってるって幾らになってる予想だったのだ? と当時のおれをちょっとばかり問い詰めてみたいが真相は霧の中だ。

 それでもってあれよあれよと増設されぬまま、事情が変わり割とCPUパワーも欲しくなってきたため、やはりシステム一式のお取替えということになる。

 2.5インチベイにHDDを積んだらWindowsUEFIでどう設定してもアクセスがないときに電源が切れて、スケベjpgを一枚保存するたびにウィィイィンとHDDがスピンアップするまでフリーズする仕様には耐えられず、ColorfulとかいうやっすいSSDを買ったらその後リマークチップ搭載疑惑が浮上し、とりあえず殻を割ってみたりしたのもこのマシンだ。

  結局のところ、今日まで死んだりデータが消えたり化けたりしていないし、代理店の保証も(分解していない人は)生きてるっぽいのでリマークチップだろうが純正品だろうが大量突然死したりしない限り大きな問題にはならないっぽい。保証ったってあくまで交換してくれるだけで内部のデータはしっかりバックアップしておいてねっていうアレだし。それでもHDDのスピンアップを待つより30000倍快適になったのは確かだ。

 

 なんだかんだ、Windowsのない生活というのが考えられない程度に使っちゃいるが、生まれるのが10年遅ければiPhoneだけ持って生活するようなスタイルになったのだろうかと思いつつ、歴史にも人生にもifはねえんだよなと実感しながら新しいマシンを使っていきたい。

 

 それはそうと新しいマシンでもスケベコンテンツの表示時間が一番長くなりそうなのでゲイツほんまごめん……

学歴コンプ

 上野千鶴子氏による東京大学入学式の祝辞に対し何かを申した瞬間に自らが東京大学を出ていないという学歴コンプが露呈するスタイルなのはさておき、とりあえず半径五メートルのインターネットに波紋が広がったように見える。

 

 学がないので大変下品なことを言うけれど、「いちいち正論で突っかかってくるめんどくさそうな女を脱がせてもめんどくさいだけじゃん」VS「いちいち正論で突っかかるようなめんどくさそうな女だと思われたら脱がせてもらえないじゃん」という、漫然とした主語のでかい概念に対し、件の祝辞では「めんどくさそうな女だと思われて何が悪い、女じゃねえ人間だこのやろう裸と性器以外でガチンコじゃ」という至極真っ当なことを言っているのである。服を着ろ。

 

 じゃあなんでこれだけ燃えているのかと言うとそりゃあ養老孟司という偉い先生が出した「バカの壁」という本に詳しい。バカの壁は大ヒットして続編や実例編もめっちゃ出ているが、要約すると人と人は分かり合えない(ということすら分かってもらえない)という内容だ。

 

 アホであるところの私の脳みそを通し、祝辞という綺麗な場でお茶を濁しまくった前半部、これを「脱がした後でめんどくさい女は脱がしたくないという風潮があります」と読み解くと、なるほどそらそうだと納得がいく。

 で、後半部は「女を脱がすかどうかで判断する前に服を着た状態で出してきた成果を評価して勝負しろや」というこれもまたなるほどなという納得がいく。よく男性向けの作品を作っている女性クリエイターが作中のキャラではなくクリエイター本人に性的な目線を向けられて迷惑しているというやつだ。

 

 ではなぜこの祝辞が波紋を呼んでいるのかと言うと、前半の「脱がした後でめんどくさい女は脱がしたくないという風潮があります」はミクロの話で、後半の「女を脱がすかどうかで判断する前に服を着た状態で出してきた成果を評価して勝負しろや」はマクロの話なのだ。そう、残念ながら前者と後者は独立の事象なのだが、残念ながら主語の分解能力に難があるとミクロの話をマクロに適用してしまえるような気がしてしまう(逆もまたあるだろう)。

 

 マクロとミクロは差別と自由選択、とも言い換えられると私は思う。「私は○○人が嫌いだ(から仕事上不利な取り扱いをする)」は糾弾されるが、「私は○○人が嫌いだ(から交際相手には選ばないし結婚もしない)」は十分に有り得るだろう。

 

 坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、という諺があるように、残念ながら成果が素晴らしいことと、人間として、場合によっては性的に好みである、好きである、愛せるという部分は切っても切り離せず、複雑に絡み合う。

 

 残念ながらミクロ視点で交際相手として好まれたこともなく、さりとてマクロに成果物がヒットしたこともない凡才のひとりとしては、東京大学に入学できたという非凡な才能を活かし、余すところなく活躍してくれたらいいなと、心からそう思う。

 

 そう考えると学術論文に限らず、性別がわからないような中性的な名前で活動し、ふだんは姿を現さないというのは本当にストイックなことだ。なにしろファンやフォロワーに手を出そうと思っていれば自己顕示欲から生身の自分が露出してしまうだろう。絵師さんでも時折おられるが、ただただ絵をアップするだけで普段の生活感はなく、性別も年齢も分からないという高尚なスタイルには憧れる。

 

 つまるところ、件の祝辞は「女絵師でシコるな絵でシコれ」をアカデミックな場で上品に申し上げるとそうなりますよという雑な理解でひとつ筆を置いておきたい。

 

 

 それはそうと東大の水色のチアコスえっちだと思うんだよな(台無し)。